×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小学生英語

赤ちゃんのスーパー英語マスター法―日本語はもちろん英語もペラペラに (WISDOM BOOK): 七田 眞 船津 洋: 本

PR
ブラウズ

赤ちゃんのスーパー英語マスター法―日本語はもちろん英語もペラペラに (WISDOM BOOK)

赤ちゃんのスーパー英語マスター法―日本語はもちろん英語もペラペラに (WISDOM BOOK)

内容(「BOOK」データベースより)

0歳から6歳までの幼児には、驚くべき語学の能力が備わっています。幼児にシャワーのごとく英語をインプットすると、それを右脳で受け止めて、独自の回路をつくって自然に身につけてしまうのです。日本語の回路とは絶対に混線しないのです。この本では、七田式英語インプット法を解説しました。

内容(「MARC」データベースより)

0歳から6歳までの幼児には、驚くべき語学の能力が備わっている。右脳インプットで驚くほど早く幼児が英語をマスターできる、「七田式英語インプット法」を紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

七田 真
1929年生まれ。島根県出身。米国ニューポート大学日本校・教育学部教授。教育学博士。日本文化振興会副会長。七田式幼児教育を実践している教室が全国で約400教室を数え、アメリカ、韓国、台湾にも七田式教育論が広がっている。1997年、社会文化功労賞受賞、世界学術文化審議会より国際学術グランプリを受賞、騎士(ナイト)の称号を許される

船津 洋
1965年、東京都に生まれる。米国のアイオワ州の高校を卒業後、カンザス州の大学中退。帰国後、児童英語研究所に入社。七田真のもとで教室運営ならびに、数多くの教材を手がける。パルキッズ制作総責任者。児童英語研究所代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

第1章 七田式幼児英語教育法とは
第2章 日本語を身につけてゆく過程
第3章 英語を獲得させるための指導法
第4章 インプットに適した教材
第5章 子どもをバイリンガルに育てる時に知っておくべきこと
第6章 英語にさらに磨きをかけよう
第7章 七田式で英語を楽しく学び驚異の結果を出したレポート