×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小学生英語

とべないホタル3-月見草のまつり: 小沢 昭巳 田中 佑子: 本

PR
ブラウズ

とべないホタル3-月見草のまつり

とべないホタル3-月見草のまつり

内容紹介

■福井県優良図書

ホタルのおやどをおそった嵐は、ホタルたちからたくさんの
ものを奪い去っていった。目が見えなくなったホタル、
光れなくなったホタル、片足とひげを失ったホタル……など。
しかし彼らはそれをバネにして前向きに生きようとする。

シリーズ第3作は、ハンディを持った者と、そうでないものが
仲良く手を取り合って生きていこうとする姿をテーマにしている。


---------------------------------------------------

「とべないホタル」は作者・小沢昭巳が新米教師時代に、
教え子をいじめから救おうと壁-新聞に書いた童話です。

それが、すでに父母となった教え子らの手で現代によみがえり、
いじめの悩みを解消した-ことで話題になりました。

「とべないホタル」は1988年に第一作が刊行された後も、
テーマを変えて発表され続け、児童書としては驚異的な
ベストセラーとなっています。

とべないホタルシリーズ
http://www.810.co.jp/submenu/firefly.html

【動画】とべないホタル
http://www.youtube.com/watch?v=dvZIdi0PuG8

内容(「BOOK」データベースより)

こわいものはね、ぼくの心の中にも、かくれていたんだ。―こわいものに出会っても、なかまがいればメソメソしない。驚異のベストセラーシリーズ・パート3。

内容(「MARC」データベースより)

月見草の花は、ションボリしている時でもパッと気持ちを開いてくれる不思議な力を持っている。ホタルたちは月見草の光を浴びながら話し続けた…。とべないホタルはやさしい仲間たちに囲まれて、希望を見出し、みんなで仲良く生きていく…。

著者について

【著者】小沢昭巳(おざわ あきみ)
1929年富山県朝日町生まれ。小学校教師のとき壁新聞に
「とべないホタル」を書く。時を経て、1988年、
『とべないホタル』(ハート出版)刊行。高岡市万葉歴史館研究員、
国立高岡短期大学講師を経て執筆に専念。
著書に「とべないホタル」シリーズ、「HIKARU」(英語版とべないホタル)、
「一人ぼっちの狼と七ひきの子ヤギ」、「さるの嫁っこ」等の
童話のほか、教育史、郷土史など多数。